目の周りの茶グマを取る方法

目の周りがクマっぽいけど、青じゃなくて黄ぐすみ色の茶色。

その茶クマ。

美白化粧品やピーリングでは取れません。むしろもっと茶クマが濃くなるかもしれません

茶クマは消えない!作らせず+追い出すで消える

じゃあどうやったら茶クマが消えるの?

一度できた茶クマは、パッと消えることはありません。レーザー治療など受けない限り、基本的に何してもしばらくそのままです。

では仮に自分で消せるとして、正しい茶クマの消し方は何か?というと……

  • 茶色い「何か」を肌から追い出す
  • 新しい茶色い何かを作らせない

この2つが揃って初めて茶クマが消えます

どっちかだけでもダメです。ゴミ屋敷を片付けるには、ゴミを出さない、ゴミを捨てるの2つが揃わないと解決しませんよね?

茶クマの正体はメラニン蓄積

茶クマの茶色い何かの正体って何?

妙に茶色くて目立つ色。これは、主にメラニンです。

これに糖化物質(AGEs)が絡んでいることもあり、非常に厄介な

メラニンとは日焼けで増える色素です。主に紫外線を浴びると肌を守るためにたくさん出てきます。

だから茶クマというのは、目の下のぼんやりしたシミと思ってもらってO.K.です。

茶クマ100%はあまりなくて、青も黒も併発しているケースが大半

私のクマって純粋な茶色じゃないんだけど?

一般的にクマ、というと青黒い寝不足のことを指しますよね。あれって子供でも若干あるくらいです。

だから茶クマだと悩んでいる人も、だいたい青クマを併発していることが多いです。そうでなくても、目の周りの凹凸でできる黒クマも重なっているパターンも。

だから茶クマを消そうとして効果がないと判断するのは、青と黒のクマがないかどうかは見ておかないとダメですね。

自分の茶クマ以外の色具合を覚えておくこと。茶クマ対策で青と黒が消えることは普通ないので、茶クマ対策がうまくいっているかどうかを正しく判断しましょう。

黒クマは顔を傾ければ分かる

黒クマは影クマとも呼ばれるように、光の影によって暗く見える種類です。だから実際のクマではありません。

例えば目の下の目袋が膨らんでいると、その周囲が影になって黒クマができます。目が大きめの美人女優やモデルさんは、結構このタイプのクマ持ちです。これは物理的なものなので個性と思っておいたほうがいいですね。

よく、目の下を引っ張って消える色は黒クマと言われますが、別に引っ張らなくても顔の角度を変えて急に色が薄くなっても判断できます。

青クマは結構誰にでもある

青クマは青黒い血管の色が透けて見えるタイプ。これは遺伝や持って生まれた皮膚の薄さが関係するので、基本的に気にしても仕方がありません

ただ、茶クマ対策を正しく続けられると、目の下の透明感が上がるので青クマの暗さが結構軽くなるので期待できます。

美白化粧品・ピーリングで逆に茶クマが濃くなる可能性がある

メラニンなら美白化粧品でしょ!?

と考える人が大半じゃないでしょうか。

でもちょっと違うんですよね。なぜ目の下にメラニンが溜まってしまうかを考えると、安易に美白化粧品は使いづらいんです。

それにそもそも、美白化粧品って漂白作用があるわけじゃない最大の勘違いにも注意。

美白成分は必ず刺激がありメラニンを増やすこともある

美白成分は保湿成分と違い、だいたいどれも刺激性があります

ただ、刺激となるかどうかはその人の肌次第。もし刺激になっているなら、それは逆にメラニンを増やすことにもなりかねません。

通常の美白化粧品ではまずないことですが、海外個人輸入したような強力な成分は、目の下に使うと余計に茶クマが濃くなるリスクががあるので注意。

ピーリングでは茶クマ部分の99%は削れないから意味がない

メラニンが余計に溜まっているなら、ピーリングで削ってしまえばいいのでは?

と思えそうですがアウトです。

ピーリングで削れる深さは角質層まで。茶クマとなっている主なメラニンがそれより深い位置にあります。もしピーリングでそこまで削ろうとしたら顔面お岩さんの血まみれです。

美白化粧品ではそもそもメラニンは消えない

勘違いしている人が非常に多いのですが、美白化粧品でメラニンは消えません

基本的にメラニンの発生を抑えるだけです。それもかなりマイルドです。使わなければダメというより、使っておいたらいいことあるかも、くらいの感覚で使うべきです。

唯一の例外がハイドロキノンですが、国内ではまともに使えるものを出しているのは二社だけなのでこれも注意。

茶クマ原因【1】メラニンが増えすぎるのを減らす鍵は「刺激カット」と「バリア機能アップ」

どうすればこれ以上目の下にメラニンを作らないで済むの?

メラニンというのは肌色を作る役割があります。そして紫外線など外部刺激から体を守るために維持されます。

茶クマが濃い人は、間違いなく目の下に集中して刺激が多いのです。この刺激原因を減らすだけで、他に何もしてなくても茶クマが薄くなることは結構あるんですよ。

茶クマは圧倒的に女性多い…その理由は「摩擦」

茶クマは男性にはあまりいません。圧倒的に女性が多いんです。

理由はクレンジングです。

目の下の皮膚は顔の他部分より薄く、だいたい3分の1以下。つまり頬やおでこのメイク落としより、3倍の刺激が加わるということ。

皮膚が薄いため肌は毎日刺激にビックリ仰天。こりゃいかん!とメラニンを放出して防御態勢を取ります。これが女性の茶クマのメイン原因。

だから目の周りが痒くてこすってしまいがちな人は、男性やノーメイク派の女性でも茶クマ持ちになりがち。特に花粉症の人は顕著です。

目の下は薄い…バリア機能アップで茶クマが圧倒的にできにくくなる

目の下が薄いということは、それだけ外部刺激に弱いということです。

逆に分厚いのは足のかかと。かかとにクマができることなんてないですよね。あれだけ毎日体重がかかって靴に擦れているのに。

でも目の下の角質は分厚くなりません。仮になってもくすんでゴワゴワになるので見た目がアウトに。

だったらどうするの?

ってことですが、茶クマをこれ以上濃くしないためには、バリア機能をアップさせるしかありません

バリア機能は肌の外部刺激に対する防御力。

  • 肌が分厚い
  • キメが細かくセラミドが詰まっている

このどちらかです。

目の下は後者のセラミドアップ。これしかありません。

茶クマ持ちは目の下が乾燥していますよね?それってセラミドが不足しているからです。

セラミドは大量の水分を挟み込み維持します。セラミド自身が油脂なので、油分と水分のW層で異物や刺激の侵入をカットします。

セラミド量が豊富なら乾燥もしませんしキメも細かくなり透明感もすごく上がります。

茶クマ原因【2】メラニンを追い出すのはターンオーバーしかない

美白化粧品で茶クマが消えないならどうやって消すの?

茶クマは消すのではなく「追い出す」のが正しい選択です。

その原理はターンオーバーです。

子供の時に日焼けしたら皮むけして肌色が薄くなる原理がターンオーバー

小学生の頃は夏休みになると女子も真っ黒に日焼けしていましたよね。それでも夏が終わる前にペリペリと皮が剥けて肌色が元に戻っていったはず。

あれがターンオーバーの極端な例です。

メラニンはコラーゲンなどがある真皮層の上にある、表皮細胞の一番底にある基底層で生まれます。

このときに表皮細胞内にメラニンが取り込まれます。この量で肌色が決まります。白人は少なく、黒人は多いのです。

メラニンが取り込まれた表皮細胞は2週間以上かけて角質になります。その後2週間以上、角質として留まり、最終的に垢となって剥がれ落ちます。洗顔や肌をこすったとき、メイクをした時に自然に剥がれています。

その剥がれた角質細胞の中にメラニンが入っています

シミも茶クマも消えない理由はターンオーバーが効かないから

茶クマとシミはほとんど同じです。

結局、ターンオーバーの流れに乗れない細胞が溜まっている部分、それがシミであり茶クマなんです。

ターンオーバーは子どものときは盛んです。もし30代の大人が小学生みたいに真っ黒に日焼けしたら、冬になっても結構黒いままです。

これが年々、部分的に起こるようになります。それがシミ。

そして茶クマは、目の下を擦ってしまう毎日が積み重なり、局所的にターンオーバーがおかしくなってしまったからです。

実はレーザー治療はターンオーバー法則をぶっ壊す荒治療だった

茶クマとシミの原理が同じなら、美容外科のレーザー治療で消すことが可能なはずですよね。

でも目の下なので頬や顎みたいに強いレーザーが当てられません。

なぜかというと、シミが一回や数回で消えるようなレーザーの場合、ある意味肌をぶっ壊すからなんです。

シミのレーザー治療にはクールタイムという期間があります。これはレーザーを当てた後、火傷のような状態になるからです(弱い広範囲のレーザーはならない)。

そしてこれが「かさぶた」になるのですが、かさぶたが取れるとあら不思議!シミも消えたざます!となるのです。

つまり、レーザー治療というのはメラニンを消しているのではなく、超短時間で無理やり追い出している。つまりターンオーバーの原理を超絶に短縮した荒治療というわけなんです。

だからスキンケアでターンオーバーを重視するのは、茶クマを消すための方法として間違いじゃない証拠というわけ。

メラニンを増やさない鍵はクレンジング摩擦を減らすだけ

茶クマの原因は分かった!メラニンが増えちゃう原因をどうすれば避けられるの?

女性の茶クマ原因はほぼ大半がクレンジング。それプラス、アイメイクの際の摩擦と圧力、その他スキンケアや痒みなどで擦ってしまう刺激の集合です。

目の下をこすったり、何かマッサージしている人はそれを止めてみてください。急に茶クマが薄くなることはありませんが、それが原因なら3ヶ月くらいで違いがはっきり出てくるはずです。

あとはクレンジング対策。

あんまり信じられないかもしれませんが、クレンジング対策だけで茶クマが気にならなくなる人ってかなり多いんですよ。

クレンジングはマイルドさより短時間を重視する

クレンジングの刺激が茶クマ原因なら、マイルドなクレンジングで優しく優しくやればいいと思いませんか?

でもそれが間違い。

もちろん、シートタイプの拭き取りクレンジングはダメです。あれは最悪レベル

ただ目の下というのは他の3分の1の厚みです。いくら優しくクレンジングしても、どうやっても刺激は3倍以上になります。元々クレンジング自体に刺激性が強いからです。

特にセラミドが奪われるのが問題。クレンジングを使う以上、いくら優しくやってもセラミドは減ります。

だから優しさも必要なのですが、より重要なのはメイク落としにかかる時間なんです。

マイルドなクリーム・ミルクタイプに注意

同じ話になりますが、クレンジングはどういったタイプをお使いでしょうか?

目の下への刺激性を気にする人は、オイルよりミルクかクリームタイプを選ぶ傾向があります。オイルは刺激が強くて乾燥するからと。

ただこれ逆の場合があります。

ミルクとクリームタイプはなぜマイルドで優しいかというと、単純に脱脂力が弱いからです。それだけメイク落ちが悪い。馴染ませて馴染ませて乳化させないと落ちません。だから濡れているとダメなんです。

一方、オイルタイプは乗せるだけでスルッと落ちるくらい脱脂力が強いです。だから製品によっては肌がバリバリになります。

しかし、これは主にミネラルオイル(鉱物油)のオイルクレンジングに見られる特徴です。某有名ブランドでドラッグストアにある、1,000円以下のがだいたいこれ。だからオイルクレンジングは乾燥するという印象なんだと思います。

中間のオイルクレンジングかマカデミアナッツオイルなどの高級オイルクレンジングなら、時間をかけてやらない限り乾燥はしません。

むしろ、ミルクやクリームタイプで時間をかけたほうが乾燥することもあります

オイルクレンジングは正しい製品で正しく使えば、メイク落としの時間が大幅に短くなります。それはすなわち、メラニンを増やさないし、メラニンを追い出すターンオーバーに欠かせないセラミドを守ることもできるのです。

メイクが目の下に残っても言うほど悪影響はない

茶クマが女性にできやすいのはクレンジングをするからですが、それに加えて、メイクを完璧に落とそうとする姿勢が大間違いだからです。

メイクが少しでも残った状態で寝てしまうと肌に悪い。老化すると言いますよね。

あれ、嘘です

この嘘のせいで、多くの女性がクレンジングと洗顔をしすぎています。そのせいで摩擦が増え、セラミドが減ってしまい乾燥肌に。そしてターンオーバーがおかしくなってメラニンが溜まってしまい茶クマになります。

確かにメイクが肌に残っていて良いことはありません。でも、そんな目に見えないレベルで肌影響があるなら、朝から夜までメイクしていたほうがよっぽど肌に悪いのではないでしょうか?矛盾してますよね。

そんな微妙な影響のために、過剰にクレンジングと洗顔をすると、確実にセラミド不足になります。

肌のためにと丁寧にしっかりとメイク落とし、洗顔をしていたのが、実は茶クマを作り消えにくくしていただけなんです。

メラニンを追い出すターンオーバーは長時間保水ケア

メラニンを無駄に作らないようにすれば、後は自然にターンオーバー任せ。

でも、年齢を重ねていくとターンオーバー周期は遅くなり、部分的に鈍くなっていきます。

年齢の部分は仕方がありません。でも、絶対に何とかしないといけないのは、乾燥だけは防ぐこと。なぜならターンオーバーが順調に進むための絶対条件だからです。

セラミドを増やして保水量とバリア機能アップが不可欠

目の下の皮膚は薄い。これはつまり、他よりセラミド量が少ないということです。

肌水分量の大半はセラミド量で決まります。また刺激に対して強くなるバリア機能もそう。

セラミドは正しいターンオーバーで増えます。ターンオーバーと表裏一体の関係なんです。

幸いにも、これは保湿化粧品で対策ができます。

セラミドが勧められるのは薄い目の下でも変わらない保水力

保湿成分はいろいろ種類がありますが、皮膚科学的にはセラミドがベストです。

目の下に関しては特に。

理由は、目の下の皮膚が薄く、よく動くためです。この環境下では他の保湿成分だと安定しません。

ナノセラミドなど浸透性がよいものを与えることで、元々ある場所にセラミドが馴染み安定します。他の保湿成分はセラミドのように元々ある場所に馴染むわけではありません。また水分を離さない機能もセラミドが遥かに上だからです。

茶クマが消えない隠れ理由「糖化」対策で他人に差が付く

シミもなかなか消えないのに茶クマって本当に消える?

シミと違って茶クマはまだ消えやすいです。なぜなら、原因が紫外線ではないからです。自分のクレンジング等が原因なので、紫外線より原因カットができるからです。

それでも頑固な茶クマがあります。シミにも共通しているのですが、糖化が関与しています。

肌が黄みがかってしまう

糖化とは、たんぱく質と糖質が結びつく反応で、コラーゲンを劣化させて脆くしてしまいます。

人の肌老化は紫外線とこの糖化が二大原因なんです。

この糖化反応で作られるのがAGEsという物質。これが様々な部分に悪影響を及ぼす糖化の主犯です。

これだけでも厄介なのですが、AGEsは茶色い色をしています。

この色がトーストを焼いたり、ご飯のおこげだったり、魚の焦げとか、グラタンの美味しそうな茶色い色の元なんです。あんまり焦げた食べ物を食べるなというのは、このAGEsを取り入れてはダメというのが一つです。

つまり糖化反応が多い人は、それだけ肌が茶色くなりやすいというわけ。だから茶クマの色を濃くしてしまいます。

AGEsがあるとメラニン排出が邪魔される

シミが消えにくいのはターンオーバーがうまくいかないせいですが、年齢や乾燥など以外にこのAGEsが関与していることが分かりました。

糖化が起きてAGEsがたくさん肌にあると、メラニンの排出が抑制されてしまうのです。

これに関しては優秀な美白化粧品でもどうしようもありません。だからシミが消えない、茶クマが消えないのかもしれません。

早食い、急激なストレスなど「急激」な行動を控える

糖化反応は主に余った糖質がポイント。

糖質制限ダイエットは間違いですが、糖質を一気に大量に摂取するのは良くありません。なぜなら血中に糖質が余るからです。

この余った糖質がたんぱく質と結びつき糖化反応を起こします。何も糖質がダメなわけではありません。過剰に、一時に集まりすぎるとダメなんです。

だから丼ものでも食べて良いのですが、食べ過ぎはもちろん、早食いがダメなんです。丼ものって定食より早食いになりやすいですよね?だから太りやすいし老けやすいとされるのです。

その他、急激なストレスや緊張、ウォームアップとクールダウンのない運動など、急激なオンオフがある行動をすると糖化が進みます

穏やかな性格の人ほど老けづらい印象があるのはこのせいかなのかもしれません。

明るい目の下に見せる定番のアイクリーム

アイクリームは色々ありますが、多くは非現実的な内容ばかり。ただ高いだけのもの目立ちますよね。

以下は現実的な価格で多くの人が買える価格。かつ、内容が糖化問題、セラミドなど目の下に起きている問題、欠けている問題を解決してくれる条件が揃っているアイクリームです。

アイキララ アイショットクリーム

茶色が見えにくいふっくら感を作る

アイクリームは主に高級な美容成分と濃度が売り。その点でアイキララは1本2,000円台と少し不安になりました。

結局は安いだけでしょ?

と思うでしょうが、イメージだけの美容成分に対して、アイキララのアプローチは実用的。目の下の嫌な印象を隠してしまう発想だからです。これなら現実的でありえる内容と納得できました。

使い心地は軽くて重くなりません。乾燥がきつい人には物足りないので、何か安くていいのでセラミドクリームか美容液と併用するのがおすすめ。

ビーグレン 目元ケアプログラム

糖化と乾燥に強いアメリカ発アイクリーム

美容雑誌でも広告を見ないほどの隠れ?ブランドです。理由は、雑誌にお金を払って特集をお願いしていないから。掲載されているのは自主掲載。

女性は知名度がないブランドに不安になりますよね。でもこれはアメリカ発の薬学博士ブランド。開発者は向こうでかなりすごい人物で、もし他化粧品みたいに広告したらこの価格では買えない内容です。

しかも365日返品保証。定期購入もネットで解約や申込みが完結するので、電話オペレーターにつながらないトラブルがありません。自信がないとできないことです。

いかにも大袈裟に聞こえるでしょうが、ここのアイクリームと化粧水、ビタミンC美容液は明らかに違うのが分かりますよ。特にアイクリームはセラミド5種類で吸い込まれて本当にふんわりします。糖化対策もバッチリ。

ディセンシア アヤナス

糖化を断ち切る、作らせないWアプローチ

アイクリームがありますが、普通のクリームとベースは一緒。だから予算を抑えつつ、糖化ケアにセラミドケアができます。もちろん予算があればアイクリームで。

敏感肌専門ブランドですがコラーゲン対策、くすみ対策、そして糖化と幅広く同時にできるのが他にはない特徴です。

分かりやすいほど目の下の乾きが止まります。手に取ると少し重そうな雰囲気もありますが、付けると全く気になりません。

特許技術のヴァイタサイクルヴェールが外部刺激をカット。これ、ワセリン以上なのにベタつかないからワセリン派だった私も乗り換えました。

同成分でカバー力もあるのに糖化対策が日中もできるアヤナスBBクリームもあります。

糖化対策はないけど、原因(刺激)カットに定評があるのはこれ

糖化を加速させるのが活性酸素。肌のサビです。このサビを打ち消す力が肌に十分あると茶クマは濃くならず薄くなります。普段のケアだけでは守りきれない刺激に対して立ち向かう力が、飛び抜けて強いのが「赤色」のあれなんです。

アスタリフト ジェリーアクアリスタ

100円均一のクリームも化けてしまうほど

セラミド3種類配合のジェリー状先行美容液です。ビーグレンと同じく浸透技術が他と段違いだけに、同様に吸い込まれる感じとフワフワになる感じがすごいです。

こちらは特に透明感が強い印象ですね。アシルセラミドというセラミドの水分保持を底支えする種類のおかげです。

特に赤色の素となっているアスタキサンチンとリコピン。これはビタミンCやEの100倍以上。あれこれ美容成分を試すなら、これで十分という内容ですが、化粧品に配合するのが難しくほとんど製品は見ません。でもフジフィルムのフィルム製造技術の転用により実現。

大袈裟に聞こえるでしょうが、洗顔後このジェリーを目の下に少量付けておけば、正直あとに塗るのは100円均一でも何でもいいくらいです。ワセリン派の人もこれを少し足すだけで相当違います。

糖化+日焼け残留もあるなら間違いないのはこれ

メラニンに対して最も強力な力を見せつけるのがハイドロキノン。ただ刺激性が出やすく、国内ブランドはほとんど手を出しません。ただリポソームという特殊なカプセルで包むとO.K.に。国内では先ほどのビーグレンと、仕組みが少し違いますが以下のブランドくらいです。

ビーグレン QuSomeホワイトケアトライアル

ハイドロキノンを気軽に使える唯一無二のクリーム

ビーグレンというブランドはあまり知られていないと書きましたが、ハイドロキノンに関心を持った人の大半はここを知っています。なぜなら、ハイドロキノンを一番気軽に扱えるブランドだからです。

ハイドロキノンは刺激が強い、強いと散々脅されますが、ここのは「それって本当?」というくらい何も感じませんでした。

それでも肌に合うか慎重に試すべきでしょうが、拍子抜けするくらいだったのは事実ですね。

理由は独自のリポソーム系QuSome浸透技術。これ、アメリカの薬に使われているくらいです。化粧品では唯一ここだけ。なぜなら開発者のブランドだからです。

ハイドロキノンは明るさを求めるためのものですが、ここのクリームは保湿性もかなりあります。しっとりするけどガサつかず、不快感が残らないので毎日自然に使えるのが大きいですね。

アンプルール ラグジュアリーホワイト

美白と言えばのド定番ブランド

ハイドロキノンはもちろん、その他美白成分、美容成分など総合的に強いのがアンプルールです。美白と言えばココと言う印象もあります。

理由はTVでも有名な皮膚科医のブランドだから。ぽっと出の皮膚科医なら宣伝目的もあるのですが、ここの先生。全く自社のブランドアピールをしておらず製品も出てこないので好印象ですね。

ハイドロキノンだけでなく、いろいろ悩みが重なっている人にはちょうどいい内容でしょう。

何してもダメなら肌ステインが濃いのかも!唯一の対応製品はこれ

最もお手軽低予算で茶クマ予防ができるのは、実は刺激の温床となっているクレンジング時間を短くすること。特にカサカサして滑らかさがない目の周りなら肌ステイン(黄色い)が茶クマを底上げしている可能性も。

アテニア スキンクリアクレンズオイル

取れなかった茶くすみ原因を切り離す!

高級化粧品の内容で3分の1価格を公言するアテニア。

そのアテニアが始めて実現させたのが隠れ茶クマの肌ステイン除去。ロックローズオイルが肌ステインを切り離して除去しやすい状況にもっていけることに着目。

毎日のクレンジングで茶色い嫌な色を自然に追い出すことに成功。しかもオイルクレンジングなのに乾燥しない特別なオイル。そしてW洗顔不要。茶クマが悪化する乾燥、セラミド不足、刺激過剰などを一気にクリアする万能クレンジングオイルです。

このオイルクレンジングはバリバリに乾燥しません。スッとメイクが落ちてW洗顔も不要(洗顔してもいいですがかなり短めに軽くで)。これだけで茶クマ対策が終わるくらいです。