目の周りの茶グマを取る方法

目の周りがクマっぽいけど、青じゃなくて黄ぐすみ色の茶色。

その茶クマ。

美白化粧品やピーリングでは取れません。むしろもっと茶クマが濃くなるかもしれません

茶クマは消えない!?本当の消し方は?

じゃあどうやったら茶クマが消えるの?

一度できた茶クマは、パッと消えることはありません。レーザー治療など受けない限り、基本的に何してもしばらくそのままです。

では仮に自分で消せるとして、正しい茶クマの消し方は何か?というと……

  • 茶色い何かを肌から追い出す
  • 新しい茶色い何かを作らせない

この2つが揃って初めて茶クマが消えます。

茶クマの正体は糖化物質と蓄積したメラニン色素

茶クマの茶色い何かの正体って何?

妙に茶色くて目立つ色。これは、主にメラニンです。日焼けで増えるアレです。だから茶クマというのは、目の下のぼんやりしたシミと思ってもらってO.K.です。

ただ、茶クマが激しい人はメラニン色素だけでなく、糖化物質も重なって色が濃くなっているかも。茶クマ解消が自力で難しいのは、糖化物質も大きく関係しています。

目の周りの茶色はトーストとご飯と同じ!?

糖化物質?

糖化物質とは、たんぱく質と糖質が結合(糖化反応)してできる産出物(AGEs)。この糖化産出物の色が茶色なんです。

パンを焼いた色。炊きたてご飯が古くなったときの色。あの茶色い色が糖化物質の色なんです。

この糖化物質。メラニンのように茶色いため、メラニンの色と重なるため茶クマの色を底上げして濃くしてしまいます。茶クマの色はほとんどがメラニンですが、さらに別の茶色が混ざることでより密度の高い茶クマとなります。

ただ糖化物質が問題なのは色ではなくてその性質。以前からなぜシミが消えないか?というのが問題でしたが、その犯人が糖化物質。糖化物質が肌に多くあると余分なメラニンの排出を邪魔してしまいます

さらに糖化物質はコラーゲンを破壊し続けます。つまり糖化物質は茶クマだけでなく、シワ、たるみ、ほうれい線の主犯人というか黒幕なんです。

だから茶クマがある人は、より老けやすい可能性が高い!という状態。

美白化粧品を使うともっと茶クマがひどくなるかも

美白化粧品で消えないの?美白なんだから…

残念ながら美白化粧品を使っても、イメージするように余分なメラニンや糖化の茶クマは取れません

美白化粧品の美白作用というのは、漂白ではなくてメラニン色素の過剰生成を抑える作用です。美白化粧品の広告には小さくどこかに書いてありますよ。

そもそも茶クマの茶色が全てメラニン色素ではないし、100%メラニン色素であっても漂白できるものでもありません。

ただ、糖化物質の原因も日焼け原因と同じものが含まれるため、その意味では美白化粧品も意味ががないわけじゃありません。でもすごく有効というわけでもありません。

そして茶クマの原因になるのが肌への刺激。いろいろありますが、刺激が強いとされる美白化粧品の美白成分。もし肌に合わなかったり、酸化した美白成分を肌に与えると肌に刺激が加わります。この刺激自体が、実は糖化物質を作り出す隠れた原因になってしまうので注意。

【こちらも】茶クマを消す?トレチノインとハイドロキノン

ピーリングで茶クマを削るのは不可能

へたに美白化粧品は使わないほうがいいんだ…じゃあピーリングは?

ピーリングでくすみが取れるといいますが、茶クマの黄くすみとはまた別の話です。

ピーリングでくすみが取れて肌に透明感が出るのは、古く厚くなった角質が取れるため。古くなり水分を失い硬くなった角質が取れることで、光が細かく反射して綺麗に見えるからです。また、より肌水分が目に見えるようになるからです。

しかし日焼けした黒い肌がピーリングで白くならないように、同じく茶クマもピーリングで消えません

もしピーリングで茶クマを完璧に消そうとしたら、肌が赤く血がにじむほど、激痛とともに表皮まるごとを削らないといけません。つまり不可能ではないけど、やれるものじゃないんです。一応別の意味で効果はあるのですが、言うほど期待もできません。

でも肌ステインという茶色い肌の「シブ」が溜まっている場合もあります

この場合は、この肌ステインを切り離す種類のオイルクレンジングが注目されています。今まで取れなかった肌ステインを取れやすく、クリアな目元にしてくれます。

できないと茶クマは消えない。糖化物質の増加にストップを

美白もダメ。ピーリングもダメ。だったらどうやって茶くまを消すの?

茶クマは思うようにスパッと消せませんが、消えていくのを助けること、邪魔しないことができます。これが正しい茶クマの消し方です。急に消えたりは絶対しないのです。

茶クマの原因はメラニン色素と糖化物質(茶色+メラニンの排出妨害)。肌が何か刺激を受けて、微弱炎症を含む炎症を起こしたときに、刺激から守るためにメラニン色素生成が過剰になります。そして毒となって発生する活性酸素が出てきたときに、糖化が促進され茶色い糖化物質が生産されます。

この刺激には紫外線、チリやホコリ、花粉、PM2.5などの微粒物質、化粧品や水など様々なものが含まれます。特に目の周りはアイメイクやメイク落とし、普段の過剰なスキンケアが隠れ原因となっています。

自分では刺激と気づいていなくても、肌は刺激と認識していれば活性酸素は出ており茶クマは濃くなります。

だからまず、自覚があるなしに関わらず、茶クマ原因となりそうな刺激をできるだけカットすること。そして抗酸化作用を高めるなどして、活性酸素の毒の影響を肌から遠ざけることが先決。

これができていないと、仮に茶クマを消すクリームや美容液があったとしても、新たに茶クマ物質が増えてしまうのでイタチごっこになり、一向に茶クマは消えないことになります。

特に女性はクレンジングの刺激に注意。茶クマ原因を作っている可能性大です。

茶クマがない人の肌はバリア機能が高い

刺激って言われても自覚ないし、どうやって防げばいいの?

一番望ましいのは肌バリア機能を高めることです。

肌バリア機能とは、角質層にあるセラミドを中心とした細胞間脂質により発揮される機能。水と脂質で作られた何重もの肌細胞バリアのことです。

これらは紫外線やチリ、ホコリといった目に見えない刺激はもちろん、肌に付着した刺激の強い化粧品成分などの影響を軽くする作用があります。

肌に毒が塗られてもすぐに人は死なないか全く影響がありませんが、口の舌に毒を塗るとあっと言う間に死んでしまいます。この差は、この角質層のバリア機能にあるんです。

バリア機能を高めるにはセラミドアップが不可欠

自分の肌ってそんなすごい機能があったんだ…でもどうやってバリア機能を高めるの?

まず、茶クマができている時点で、その人の肌バリア機能は弱っているという証拠です。なぜなら、肌バリア機能が弱っているから刺激を浴び続けており、メラニンや糖化物質をたくさん作っているということだからです。

このバリア機能は先ほど説明したように、セラミドを中心とする細胞間脂質により作られます。

バリア機能=セラミド

と考えてもまずまず間違いではないくらいです。

そしてこの肌にセラミドが少ない状態というのが乾燥肌です。また乾燥という自覚がない人でも、セラミド量が少ないことは大いにあり、乾燥肌という自覚がないばかりに、肌バリア機能が弱いまま茶クマを増やしていることもあります。

つまり大事なのは保湿。しかし、ただの保湿じゃなくて肌にセラミドを増やす保湿でなくてはならないということです。

茶クマが多い人に多いBADな共通点

セラミドが入っている化粧品を使って保湿すればO.K.ね?

確かにそうなのですが、同時に以下のことも意識してください。

  • 洗顔・クレンジングは優しくほどほどに
  • 毎日なるべく十分睡眠をとる

前者はセラミドが減ってしまい、バリア機能が低下する主原因。特に女性に多いです。

セラミドは脂質性があるため、皮脂やメイク成分と同じく洗顔剤やクレンジング成分で溶けてしまいます。セラミドは角質層の中にあり、皮脂やメイク成分は角質層の上仁乗っかっています。

なのでそんなに減少するわけじゃないのですが、やりすぎると角質層の中にまで影響が進むため、セラミドがごそっと減ってしまうのです。

クリーム状のクレンジングのほうが肌に優しいというイメージがありますが、茶クマを消したいならオイルクレンジングにしたほうがおすすめ。クリーム状は洗浄力が確かに弱いものの、メイク落ちが弱いため、結局メイク落としにかかる時間、肌をこする回数が多くなります。オイルクレンジングは鉱物油以外の動植物性を選べば極端に乾燥することはないので大丈夫ですよ。

睡眠が重要というのは、夜の熟睡中に一番セラミドが増えるからです。寝不足は肌に悪いというのは、まさしくこのセラミド不足を引き起こすからです。

今ある茶クマ物質はこれから追い出せる

でもさ、茶クマは予防できても、今ある茶色い色は消えないの?このまま?

今ある茶クマは、新しい茶クマの元(新しい余分なメラニン、糖化物質)はができなければ薄くなっていきます

沈着している状態によりけりなので完全に消えるかどうかは分かりませんが、茶色い物質が増える量より減る量が上回れば薄くなるのは当然の話しですよね。ただ完璧に刺激をカットできるわけないので、完全に茶クマが消えるなんていう期待はオーバーでしょう。

それに、セラミドアップによる肌バリア機能保湿のいいところは、遅くなっている肌のターンオーバーを整えることができる点です。

これは日焼けによるメラニン色素も同じことす。一度できてしまった余分な肌の色素は、肌の生まれ変わりのときに一緒には排出されるようになっています。この肌サイクルをターンオーバーと言います。

ターンオーバーは肌が乾燥しているとうまくいきません。つまり余分な茶色い物質はいつまでも肌に残ってしまうということ。

セラミドアップは刺激を防止する面と、今ある茶クマの元を追い出す両方で欠かせないケアなんです。

肌のキメも整えるので一石二鳥。保湿ケアでセラミドアップができていないなら、一度この方法にトライしてみてもいいかもしれませんね。

メラニンでも糖化でも!茶クマを隠す万能スキンケア化粧品

何か試してみたいけど費用が…という人に最適なのがビタミンCです。万能性があり、目の下の悩みのほとんどに対応。バランス良くケアできるので大きくスキンケアを変える必要がありません。

アイキララ ショットクリーム

茶色が見えにくいふっくら感を

目の下に付けやすいアイクリームタイプ。ただ価格はアイクリームとしてはお手軽価格。モニターの80%が実感したと答えています。

MGAというビタミンC誘導体の一種で、痩せた目の下のコラーゲンをサポート。栄養と潤いをとどめてふっくらした目元に導き、茶色が透けて見えやすい痩せ肌をケアすることができます。

ビタミンCは万能美容栄養で美白成分としても用いられるものもあります。肌のターンオーバーをサポートすることから茶色い嫌な色に両面から働きかけます。

目の下用のショットクリームだからちょんと伸ばすだけ。茶クマを悪化させる過剰ケアを予防しつつ、しっかりと明るい目元ケア。お試しコースなら全額返金保証ありのメーカー自信の逸品です。

目元に強い!美容皮膚科のホームケアコスメ

茶クマを最も消すことができるのがレーザー治療。ただ目の下はリスクも伴います。そのレーザー治療の効果を元に開発されたアイクリームや化粧水です。成分内容や濃度で一般ブランドと違います。

MUNOAGE リペアアイクリーム

目元向けペプチド大量配合の美容皮膚科仕様

シワやたるみ、クマなどの治療を行う美容皮膚科の皮膚科医が開発。いかにホームケアで高い満足を導くか?という結果がペプチド7種類配合。このサイトで同時掲載している他社がだいたい多くて4つまでなので、いかにその種類が多く有用か分かるでしょう。

特に目元に向けたペプチド量は推奨量の10倍。美容皮膚科の名前を出した製品だけに、しょうもない製品を出せるはずはなく、他社類似アイクリームとは一線を画する製品です。刻まれたラインが気になる目元はそちらも同時ケアが可能。見た目の印象アップへ。

茶グマ(糖化)対応あり!セラミドに優れたスキンケア化粧品

研究が進んでいる糖化対策。茶クマだけでなくシワ、たるみ、ほうれい線の主犯人であることが分かっています。以下はこの厄介な糖化について研究実績があり、かつセラミドケアができる数少ないブランドです。

ビーグレン 目元ケアプログラム

糖化を遠ざけ押し出す目元専用ケア

アメリカの薬学博士が開発した医療技術ベースのサイエンスコスメ。メリットがあるけど刺激がある成分を簡単に使えるようにしたQuSome(リポソーム系)浸透技術が最大の違い。

他社ではありえない生のビタミンC、5種類ものセラミド、特徴的なアミノ酸ペプチドなど成分内容が一段階上。薄くて弱い目元にサラッと伸びてベタつきません。高い潤い保持力がすぐに透明感を与えてくれ、これだけでも茶クマ印象が変わるほど。でもその中では成分がしっかり届き、できるうる限りのアプローチが続きます。

ディセンシア アヤナス

糖化を断ち切る、作らせないWアプローチ

敏感肌専門ブランドで刺激が少なく、化粧品による茶クマ増加の心配がありません。

ヒト型の高浸透セラミドで肌バリアをサポート。さらに特許技術のヴァイタサイクルヴェールでホコリや花粉といった微細な刺激から肌をガード。ベタつかないのにその力はワセリン以上です。

さらに糖化原因となる微弱炎症をケア、できてしまった茶色い糖化物質の構造を断ち切るなど2段階で茶クマをケア。黄色っぽくなった肌に潤いの透明感を戻してくれます。

同成分でカバー力もあるのに糖化対策が日中もできるアヤナスBBクリームもあります。

日本でココだけ!刺激を避けたハイドロキノンコスメ

メラニンに対して最も強力な力を見せるのがハイドロキノン。ただ刺激性が出やすく、国内ブランドはほとんど手を出しません。でもリポソームという特殊なカプセルで包むとO.K.に。国内では先ほどのビーグレンと、仕組みが少し違いますがアンプルールくらいです。

ただ目の下に使いましょう!という成分ではなく、リポソーム化されたものでも慎重にテストしないと逆効果ということも。ハイドロキノンに限らず、美白成分は刺激になりやすく、茶クマ原因をさらに増やす可能性もお忘れなく。

ビーグレン ホワイトケアプログラム

ハイドロキノンを試すならこれしかない

アメリカの薬学博士が開発した技術を全面採用。特別な浸透技術により、不安定で刺激を生みやすいハイドロキノンを使いやすく製品化。実際に使ってみるとめちゃくちゃ滑らかでしっとり。

独自浸透技術のQuSomeは塗り薬の浸透技術由来。ハイドロキノンがしっかり届くだけでなく、刺激を避けつつ成分放出をコントロール。家庭用ハイドロキノン濃度でも最大限明るさを引き出します。

先ほどの目元トライアルとの違いはハイドロキノンクリームかアイクリームかの違いです。両方トライアルすることでよりしっかりと確かめることが可能に。次点のアンプルールより製品単価が4,000円ほど安いのも非常に魅力。

アンプルール ラグジュアリーホワイト

24時間美白で嫌な目元を追い出す

10年以上の歴史と実績がある人気美白ブランド。ハイドロキノンはオリジナルの浸透技術。ハイドロキノンの弱点を抑えつつ、朝はハイドロキノン誘導体美容液で24時間余すことなく美白。

ハイドロキノンはエアレスボトル封入だから長く安定した状態で使えるのが魅力的。仕上げのゲルはセラミドゲルなので乾燥が気になる人は要検討候補。

クレンジングに時間がかかっていませんか?

茶クマで悩んでいる人は男性より圧倒的に女性が多いんです。

これは女性の肌のほうが乾燥しやすいのに加え、毎日メイク落としで目の下に刺激が加わるからです。このメイク落としの際の刺激、摩擦が茶クマ原因になります。

特に勘違いしやすいのが、肌に優しいクレンジング。

この「優しい」という意味は、あくまで「洗浄力がマイルド」という意味であり、このクレンジングを使えば刺激が少ないという意味ではないんですよ。

洗浄力がマイルドなクレンジングはミルク・クリームタイプですよね。確かに乾燥しにくくて突っ張りにくい。一見茶クマになりづらいように思えますが、メイクを落とすのに結構時間がかかりませんか?シワとかまぶたのフチとか、結構クルクル馴染ませたりしていませんか?

いくら洗浄力がマイルドでも時間と摩擦が増えれば、肌のセラミドは失われ刺激が重なります。それだったら、一般的に洗浄力が強いオイルクレンジングのほうが【肌に優しい】んです。

オイルクレンジングは敬遠されがちですが、それは一部ベビーオイルなどに使われている鉱物油(ミネラルオイル)の場合。動植物性の油脂ならメイク浮きは早いし、セラミドへの影響も極小です。

もしあなたが、しっかりメイクだったり、普段からマッサージも兼ねてクレンジングでクルクルしているようなら、一度オイルクレンジングに切り替えてみるといいですよ。それだけで目の下の乾燥具合が変わり、続けていくことで茶クマ印象が改善されるかもしれません。

アテニア スキンクリアクレンズオイル

取れなかった茶くすみ原因を切り離す!

高級化粧品の内容で3分の1価格を公言するアテニア。

そのアテニアが始めて実現させたのが隠れ茶クマの肌ステイン除去。ロックローズオイルが肌ステインを切り離して除去しやすい状況にもっていけることに着目。

毎日のクレンジングで茶色い嫌な色を自然に追い出すことに成功。しかもオイルクレンジングなのに乾燥しない動植物性4種類のオイル。そしてW洗顔不要。茶クマが悪化する乾燥、セラミド不足、刺激過剰などを一気にクリアする万能クレンジングオイルです。

結局、茶グマを取る方法No.1は何なの?

いろいろあるけど茶クマを取ることって実際に可能なの?

茶グマの茶色は基本的にメラニンが主体。いわゆるシミなので、顔のシミと同じように考えれば分かるのでは?

つまり、茶クマを短期間かつ高い確率で消すにはレーザーなどの美容外科が必須なんです。茶クマを取る方法No.1ならこれになるでしょう。

でもレーザーがNo.1とも言い切れません。

場所が目の下だから。目の下なので頬骨のシミなどに比べて、強力なレーザー種類は使いにくいです。だから茶クマはシミの中でもかなり厄介なシミです。

となると、地味に有効なのがホームケア。

あくまでターンオーバーによる追い出し+茶クマ原因を潰すしかありませんが、メラニンが真皮層に落ち込んでいないのならチャンスは結構あります。ただし、時間はかなりかかります。でもこれができたなら、茶クマどころか顔のあらゆる悩みが軽くなっているのは間違いありません。

おそらく、あなたが茶グマで悩んでいるのってここ最近の話じゃないですよね?もう以前から悩んでいると思います。

確かに鏡で見るたびメイクをする度に嫌になるでしょうが、もう何ヶ月もその状態でやってこれているなら、慌てて何かをする必要はないんじゃないでしょうか?

慌ててあれこれやると、結局焦りが乱暴な間違ったケアになり、刺激を生み出して余計に茶クマを濃くしてしまいます。コンシーラーでごまかすと余計にドス黒くなってきませんか?

茶クマの仕組みについてはこれまでを読めば分かると思います。レーザー以外の取り方も。

美容外科ならかなり薄くなり満足できますが、茶クマを作ってきた原因がそのままなら再発するでしょう。それだったら、今から茶クマ原因となることを徹底的に排除し、ターンオーバーを整えることを日課にしましょう。

特に目の下だけ意識する必要はなく、顔全体で自然に頑張らないのがコツ。特にセラミド豊富で水分量が多い肌になると、茶クマだけでなく、顔全体の透明感、印象が変わります。まずはそこからスタートしてみてはどうかと思います。

どれだけ美人な女性でも、シミやシワがゼロなわけじゃないです。全体的なバランスが整っていれば小さな部位の悩みは目立ちにくくなります。その上にピンポイントケア。茶クマのためのアイクリームとかを使うのが正解。最初から茶クマばかり気にしていても、鏡の前で満足はできないと思いますよ。